ほかでは聞けない申し立てが聞き取れる「ダウンタウンなう」がおもしろい

いま「ダウンタウンなう」にはまっておる。
各回、ダウンタウンと坂上忍が居酒屋をはしごして、色んな客人とトークをする番組。
何が楽しいかって、客人の選びがいいのと、皆が酩酊でいい感じにやわらかいトークになってる周辺。

旬な顧客やビギナー・達人と仰る顧客、ほかの多岐番組ではお視線にかかれないような顧客が参加してるのはいいね。
ダウンタウンの番組だから参加しても良いというのもあるのかな。
これまでダウンタウンと、ほとんど共演やる機会がなかった人の参加はまったくおもしろい。
少し前だと綾小路きみまろ、いまだと6代目三遊亭圓楽師匠の回は見ものだった。
ダウンタウンがベテラン道化師とどうしてからむのか?ダウンタウン贔屓としては、こういう内は見逃せない。
結果は自由自在というか、ダウンタウンらしき絡みというか。常に爆笑で楽しかったなぁ。
達人道化師を前にして、些か緊張しつつも堂々と小バカをはさんで出向く松っちゃん。
あんな姿勢を酩酊で見ていて、いくぶん地味なビーチ氏。
両人とも年齢を重ねるごとに、いい味を出しておられます。

今後も客人と面白いトークをやるだ。