道場は恋愛禁止?続けざまに浮上する理不尽な掟

「——とまあこんな所です。何か質問はありますか?無ければ説明会は以上になります」
 M・Tが高らかに手を挙げた。
「大体ここに来る人は、平均的にどれぐらいの期間で出て行かれるんですか?」
「そうですね。個人差はありますが、特別な事情でもない限りは大体一年以内には社会復帰します。一ヶ月以内に出て行く者も居れば一年以上生活している若者もいます。平均すると、大体半年ですね」
 私は「特別な事情」というのが気になった。例外も存在するということだろうか。
「他に質問は——」
 今度はS・Kが手を挙げた。
「あのー、ルールの説明でひとつ気になったんすけど、なんで恋愛禁止なんすか?」
 煙草の件と言い、続けざまの質問だった。S・Kの「なぜ」が止まらない。
「ちょっと、K……」
 例によって隣の母親が申し訳なさそうにKを諭す。しかし、私達もS・Kと同様、今一つ腑に落ちないルールのひとつではあった。
「それ、私も気になりました」
多くの保護者が無関心を装う中、N・Tの母親が果敢にもS・Kに加勢していた。